SCRATCH V8.4 Release


・Note that v8.4 contains new functionality and updates in the color processing pipeline. As such, a v8.4 project is not fully backward compatible.
・Please watch this video that highlights some of the new features in this release.


・SCRATCH 8.4 also comes in a Chinese version. In the System Settings menu there is a switch to set the interface to English or Chinese.
・Bi-Directional text. SCRATCH 8.4 now fully supports display and entry of right to left languages such as Arabic and Hebrew.

Color and Composite

・SCRATCH 8.4 supports Aces Log. Next to setting the specific ACES version to be used with a project in the Project Settings menu, you can also enable the ACES Log    option. When this option is switched on, all ACES shots in the project are automatically converted to ACES Log. If needed, this project setting can even be overridden  on a per shot basis from the Matrix - Setup menu. Once in ACES Log, SCRATCH color space management will automatically convert back to whatever output- or display color  space you have set. ACES Log is primarily about creating a more "natural feel " to any of the color controls - rather than an actual output format. By squeezing the   image color values into a smaller (log) range, the (linear) controls have a more direct effect on the image then when applied to the very wide (linear) color range of  a regular ACES image.

・Added 2-sided softness for Layers. In the canvas menu you can now dial in softness that goes both outward and inward of a shape to get the smoothest possible transition. Note that in SCRATCH this works for any (free)form and shape - though depending on the actual position of the vertices it is possible to get into a situation where it is mathematically impossible to calculate the softness. In that case you can use the various Blur options SCRATCH offers. The Canvas menu allows you to add some additional blur to your shape together with the softness. Keep in mind though that this is a much more GPU intensive process. To add even more Blur you should go through the Texture menu.

・Extended the range of the 'Enhanced Levels' option. As such it now can be used for adding noise to an image or layer to e.g. blend in composite elements. The function now resides in the Matrix - Numeric menu.

Project, Conform and Media

・Support for the new Kinefinity camera formats - various file formats, including raw. Note that the current CSP version included no longer offers support for the (first generation) of krw files.

・SCRATCH now creates placeholders nodes (including animation effects) with a conform if the media is not (yet) present. Placeholders can be easily replaced on a later moment using the Placeholder conform. A placeholder is represented with its own proxy / image and can also be created manually from the CONstruct Media menu, in the Utility section. Or from the Editor in the Action menu.

・The Editor has a new Replace mode where you can Fetch + drag and drop a shot into a slot that maintains the slot size and only replaces the shot inside the slot. Note that when you drop a shot onto aplaceholder node, all framing (animation) and grades on the Placeholder node are copied onto the new shot that is replacing the Placeholder.

・Added additional functionality to load SVG. In prior version you could only load and process SVG in SCRATCH with specific (NVIDIA) graphics cards. Now you can use SVG with any card.

・Increased performance of mp4 (H264) playback, especially for high resolutions like 4K.


・A new Off-line publishing function with which you can publish your media to a local folder which you can easily upload to SCRATCH web at a later moment. The offline publication includes an index.html so that you can already review the publication in your web-browser on the local system. The offline publication folder is self containing and as such you can also copy the whole folder to another machine for (local) review or uploading.

・SCRATCH Web has been updated to support client Sub-domains and Quick-links. The main domain of SCRATCH Web is now With a SCRATCH Web account you can then create your own sub-domain in the form of: https// In addition you can create so called quick-links for your publications that you can easily distribute to your clients. With a quick-link you do not have to register each client as a user but rather can send them the direct link to the publication. A quick-link can be date-restricted and/or optionally have a password associated.


・Added "Right Mode" to the Settings - Monitor menu. When you enable this option SCRATCH will display the right image of the dual view setup on the second monitor / display. This allows for more flexibility e.g. client sessions: show the main output (full context) on the big screen while you work on a local shot within the multi-layered timeline or composite.

・We also created a basic video wall plug-in that allows you to take multiple shots and display them all in a single image for easy comparison. You can initiate the plug-in in different ways. First, from the Dual View source list to show all current versions in one view in the dual view. Second, from the Misc menu in the Tray module in the Player: either create a video wall from the shots in the current selected tray (max 16) or create a video wall of multiple versions of the current shot with the various grades in the active Gallery. And finally, you can also setup a video wall from the selected nodes in the CONstruct, using the Video Wall option in the Utility section of the Media menu.

・OS X deep color implementation: when enabling the "OpenGL: Enable 'deep' color" advanced setting, SCRATCH will use the new 10 bit output option of the latest OSX build (El Capitan). Since this is still fairly new functionality on OSX, this settings is off by default but might change in a future update.

・Added default framing option to the file browser for loading media: No Scaling, Fit Width, Fit Height.

・JPEG2000 (DCI) now respect the given bitrate at all times, even if the framerate is not set to one of the DCI-strict compliant rates (24 or 48 fps).

・XML Scripting. We introduced an SConfig variable to write an xml with the default project paths inside the project folder. SCRATCH by default maintains all project paths (media-, render-, cache-) with each project in a system settings file (outside the actual project folder). By having an xml file with the default (last used) paths, it becomes easier to archive and restore individual projects or use project in a multi-user / shared scenario.

・XML Scripting. We also added a series of so called system-events that can be used to execute external script or applications: when SCRATCH is started/ended, when a project is opened/closed. These system events can be managed in the Preferences dialog the same way Custom Commands are.

・Added SConfig settings to set the default Show and Process resolutions for R3D and Sony Raw footage. We also added Source Resolution as meta data items for these formats to see the actual resolution - rather than the resolution set for debayer / decoding.

・The Edit Flatten function now includes framing (animation).

・Various fixes to Vector Paint module.

・As of this version the older legacy AJA Kona cards are no longer supported.

・By default proxy images that are generated for an html export or publish do not include any display LUT any more (as they did in previous versions). There is an SConfig variable that you can enable if you do want the (primary) display LUT to be applied.

・New up-to-date CP200 mapping files.

SCRATCH V8.3 Pre Release をアナウンス


SCRATCH V8.3 pre Relese. このバージョンはライセンスキーの再アクティベートが必要となりますのでご注意ください。有効なサポート契約を結ばれているか、またはサブスクリプションの場合、ライセンスキーは、このバージョン用に準備されます。もしこの問題がある場合、licensing@assimilateinc.com迄連絡ください。

New V8.3は

Single Licensing Model


Unicode support



XML Scripting update


Meta data update

プロジェクト レベルメタデータの追加;現在プロジェクトツリーは、プロジェクトプロパティを保持するための、セカンドタブがあります。これらのプロパティは、SCRATCHのXSLTレポートオプションとして使用されます。また、Burn-Inにおける#pmd[]コードを通じて利用可能です。システムプリファレンスでは、任意の(新しい)プロジェクトが含まれるプロジェクトプロパティのデフォルト設定を維持する事ができます。

Editor updates


さらに、AAFコンフォームのサポートを拡張(スピードランプ/アニメーション/フレーミング(アニメーション)、ピクチャ - イン - ピクチャ エフェクトを含む)。標準トランジションエフェクト(ワイプとフェード)とメインタイムライン調整時のトラック(Track))間の同期を維持するための、新しいトラックリップルエディターモード。

Publish updates

SCRATCH Webの機能を使用した、パブリッシュアップロード容量を拡張しました。SCRATCHのWebチャンネルに、地域のストレージオプションを組み合わせる事で、現在、利用可能な最大の帯域幅を活用して、高速かつ効率的なアップロードができます。

Various Panel (Mapping) updates.


  • ビューポートのズームのパンニングによる追加のマッピング、アニメーションコントロール(set key/trim key/など),B&Wのマットトグルとタイムラインプロキシトレイをスクロール。
  • 特定のマトリックスメニュー(”Mx-“mapping)に切り替えるためのマッピングは、エディターから作業します。
  • 連続して2回Alt キーをタップすることは、Altキーをロックします。

Other changes.

  • 現在のconstruct名を見る為に、ビューポートメニュバーに新しい”Construct”表示オプション。
  • Noteインターフェースは、ドロップダウンで、持ってくるより色選択をシングルクリックで決められるように変更した。
  • メディアブラウザーでは、全ての選択ショットに対してにタイムコードをリセットできます。
  • 高度な設定/SConfigから無効ではない限り3D LUTで浮動小数点のデフォルトは、現在クリップされます。

  • 数多くの新機能を搭載したSCRATCH V8.2が出荷開始


    SCRATCH Version 8.2は、ライセンス・キーを再アクティベートする必要があります。有効なサポート契約やサブスクリプション契約がある場合には、既にVersion 8.2へのアップデートが可能です。もし再アクティベートが機能しない場合、 までお問い合わせ下さい。SCRATCH Version 8.2では、プロジェクトを選択して開く時に、対象プロジェクト・データベースを更新するためのプロンプトが表示されます。プロジェクト・データベースをアップグレードした後でも、以前のVersion 8系のバージョンでアクセスする事も可能です。しかしながら、我々は常に新しいバージョンを使う前にプロジェクトのバックアップを作成する事を推奨します。


    • メタデータを管理する新しいタブがメディア・ブラウザに追加されました。その中では、スプレッド・エディタ形式でメタデータの選択、追加、削除が可能です。単一ショットや複数ショットに対して、一度にまとめてメタデータを更新でき、プレーン・テキストや他のメタデータ要素を含む数式を使って更新も可能です。
    • 新たに追加された検索機能によって、メタデータ値やファイル名からLUTとCDLやSCRATCHグレーディングを自動的にリンクさせる事も可能になりました。 メディア・ブラウザ内のグレード・タブに、ソース入力とグレーディングLUTの追加された操作列が含まれます。更にオーディオ機能が強化され、既に存在するタイムコードに対する一致検出機能によって、メタデータとファイル名に基づくショットへの自動オーディオリンクが使用可能になりました。
    • サーチとマッチ機能を簡単なものにするため、#reelid() 及び #name() mask コードを追加しました。それによりスタートとレングスを指定し、簡単に貴方自身の形式とロジックを作成できます。また、マニュアルでデータを入力すること無しに多数のショットをマネージ出来ます。
    • ファイル名によるマスク・オプションを使用したメディア・ブラウザのグレーディング・タブ内の新しいLUT、CDLエクスポートをサポート。この新しい方法により、複数のショットのルックやグレーディングをワークフロー・プロセス内部でファイル名を使って一度に処理できるようになりました。
    • メディア・ブラウザの操作性向上のために、列のリサイズを可能にしました。
    • メディア・ブラウザ内での全操作がUndoの実行対象になりました。
    • バージョン 8.2では、数千を超える映像がプロジェクトに格納されている場合でもメディア・ブラウザを操作した時に、素早く操作できるようにするために、全てのショットのメタデータはプロジェクト・データベースに保存します。


    • CONstruct Colsolidate 機能によりプロジェクト下のショットの下にある物理メディアファイルを管理することが可能です。そしてそれは既に存在するProject Consolidate機能に似ています。しかしながら、CONstruct Consolidate機能には新たな特徴が追加されていて操作性が向上しています。最初に、CONstruct Consolidateはバックグラウンド処理です-その意味は一端スタートしたらコンストラクト、プロジェクト又はSCRATCHであってもそこからEXIT可能です。処理は継続して進行します。Consolidateの進行はProcess Queueからモニター可能です-それはどのプロジェクトからでもオープン出来ます。
    • CONstruct Consolidateはメディアのコピー先を複数指定することが出来ます。これはデイリーの複数のバックアップを一度に処理したい場合に便利です。加えてCONstruct Cnsolidateはショットにチェックサムのメタデータが含まれている場合チェックサムを含むことが出来ます。そして(XSLT)レポートに使用できます。

    SCRATCH Webのパブリッシングと新しいH.264エンコーダ

    • 現在までSCRATCH Webでは、v8.0であっても、基本の一部がベータのままです。-正式なH264 エンコーディングの一部が失われています-
      このリリースでは、SCRATCH Webでの顧客の多くの経験などをつぎ込んだだけでなく、v8.2 新H264エンコーダーがOSXとWindowsの両方に導入されました。 自分自身のSCRATCH Webチャンネルで試して制作してください。又はSCRATCH Webで可能なチュートリアルビデオをご覧ください。


    • 新しい Live View 機能はカメラからのSDI信号を取り込み、作業したりカメラフィードに直接グレードすることが出来ます。また可能な場合、カメラのメタデータを読むことが可能でプレイヤーのメタデータスタックに表示出来ます。     Live View機能はCONstructのユーティリティ機能から使用可能です。     
    • ギャラリーアイテムに、ネーミングマスクも設定できるオプションを追加しました-現在のショットのメタデータを基本としています(例:Live View)-。それによりパイプラインのダウンストリームにおいて記録されたショットへのグレードのリンクが簡単になりました。ネーミングマスクはPlayer設定ダイアログから行います。
    • 注意:幾つかのカメラのメタデータについては調査中です。

    Oculus Rift / 360 Media support (オキュラスリフト/360 メディアサポート)

    • 360 メディア はオキュラスリフトによって大きなインパクトを与えられました。 SCRATCH v8.2 はオキュラスリフトを二番目のモニターとして完全サポートしています。また、トラッキング機能も含まれています。 SCRATCHはSperical, Cube及びCylindricalベースのプロジェクションをサポートしています。
    • トラッキング機能のメインインターフェースモニターでオキュラスのビューポジションをモニター出来ます。
    • オキュラスは、'regular' 3D標準ディスプレイとして、とても素晴らしい方法を提供します。


    • デフォルトのRe-timerプラグインを使って、より簡単にスピード・ランプを作成できるようにオプションを追加しました。
    • 加えて、エディタに入った状態でプラグインを直接適用できるようになりました。


    • SCRATCH V8.2では、自動支払いとライセンス更新が含まれる、新しい月別サブスクリプション・ライセンス・モデルが加わりました。


    Codec Support Pack (CSP)の新しいバージョン

    • 新たに Panasonic Raw, Magic Lantern (.raw and .mlv), BMD Pocket camera (Mac OS X)のサポートを追加しました。
    • XAVC と XAVC-S の4K解像度時の処理性能を向上させました。
    • Phantom Flexのデコーディング・メニューにトーン・カーブを追加しました。

    複数の拡張設定を追加 (SConfig)

    • Continue Process On Errorオプション: レンダリングでエラーを検出した場合、デフォルトではレンダリングを停止させますが、このオプションによって続行させる事もできます。  
    • ARRI, RED 又はSONYのメディアのディベイヤー時に特定のガンマスペースを選択する場合、常にLog Filmでは無しにLinear/sRGBにりマップします。 例-この設定を有効にするとSCRATCHはRedLogFilmを選択する際に、ショットにショットログのフラグの代わりにLinear/sRGBのフラグを立てます。
    • 新しいプロジェクトの為にデフォルトのメディアパスが作られるのを防止する為の新たな設定で、及びユーザーにマニュアルでプロジェクトを入力することを強要します。
    • バックグラウンドプロセッサーが決してスタートしないオプション。(Construct コンソリデートで使用されている様に)  
    • より高解像度ディスプレイを使用した際のカーソルとUIアイコンの全てのスケーリング防止。


    • v8.2. SCRATCHはAJA KONA 4カードをサポートします。SCRATCH v8.2を使用する際にAJA KONAドライバーが最新のものにアップ―でートされていることを確認してください。
    • プロジェクトから抜け出る際に、SCRATCHは進行中のレンダリングがあることを知らせます。
    • パフォーマンスを維持する為に-タイムライン プロキシ ストリップはプレイバック時にアップデートされません。現在のショットのみ反映します。
    • キューブLUT中のシェイパーLUT(1D) の読み込みサポートの追加で1Dと3DLUTの結合。
    • レンジ値が無い場合にイメージ上のカーブでグレードがジャンプするのを防止しました。カラー値の範囲外に対しては既存の設定に対して一定のインパクトが有る場合があります。
    • 高解像度ディスプレイに対してスケールカーソルとアイコン。(例:Retina)
    • ステレオの場合、コンバージェンス機能が常に正常に動作していませんでした。そして、リバースオプションを調整しました。ショットと共にこの機能を使用するのでは無く、ConfigメニューのステレオオプションにSwapボタンを追加しました。それは現在のステレオノードでの左右を物理的に入れ替えるものです。
    • Quick Time exportとFarst-startオプションは H264コーデックのみ有効です。  
    • カラースペースラベルをUltra からREC2020に変更しました。
    • イントロスクリーンにASSIMILATE Newsのセクションをもたせました。それによりSCRATCHのアップデートへのリンクや情報が得られます。システム情報を含むオーバーレイは、クリックした時のみポップアップします。
    • リモートセッション中のノートのアップデートは全ての参加者には伝えられません。
    • バリスピードを調整している際のショットの長さ/タイムラインのリプルの調整。
    • Final Cut X 1.4 確認の為のサポート。
    • SCRATCH レポジトリーツールの幾つかのアップデート。有効なサポートコントラクトにより、誰でもトライアルレポジトリが使用できます。
    • もし、CONstruct中のショットのCopy / Pasteがタイムラインレイヤー中でペーストされ、ドロップされた場合、スロットの長さの設定を含みます。
    • 現在のSCRATCHはインテルのr3dディベイヤーグラフィックスカードを使用していません、よってRED SDKが使用しているものと互換性がありません。



    Company 3

    Company 3は、「パイレーツ・オブ・カリビアン/命の泉」で、REDカメラ3D収録映像の編集に、SCRATCHを使用しました。


    Courtesy Walt Disney Pictures 2010


    SCRATCH Labは、Happy & Glorious(エリザベスⅡ世女王陛下と007の特別任務)で、グレーディングを担当しました。

    「SCRATCH Labの3Dツールは他のどれよりも優れていると感じた。もともと3Dプロジェクトだけで使おうと思っていたんだ。」